歯周病と虫歯

ホームへ戻る >  法人携帯契約前に知っておくこと  > 歯周病と虫歯

歯周病と虫歯歯周病と虫歯は両方とも口内の病気で、歯科分野では2大口内疾患などと呼ばれます。では、これ二つの疾患に関連性はあるのでしょうか。


実は歯周病も虫歯も原因となる環境は同じですが、直接の引き金となる菌は異なります。これらは両方とも食べかすなどが溜った口内で発生しやすいものです。体温は丁度細菌が増殖するのに丁度いい温度。酸素も少ないですからどんどん菌が増殖して歯垢(プラーク)を作り上げていきます。これを小まめに取り除ければ虫歯にも歯肉炎にもなりませんが、取り除かないとポケットに入り込んだ歯垢は石灰化して歯石へと変わっていきます。これが双方の病気が発生する環境です。

今度は直接の原因ですが、虫歯の場合は虫歯菌と呼ばれる菌類が原因となります。これはミュータンス菌群と呼ばれており、糖類を栄養源として乳酸を出す性質を持っています。それによって口内が酸性になり、歯のエナメル質が犯されていってしまうのです。これが虫歯の原因です。


それに対して歯周病は歯石に潜む菌が原因となります。この菌は虫歯の原因となるミュータンス菌類とは全く違う菌類です。この原因菌はやはり食べかすなどを栄養源として増殖し、毒素を出すようになります。これが歯茎の炎症を引き起こし、歯肉炎になっていくわけです。


このように虫歯と歯周病は直接の関わりはありませんが、どちらかに罹ると、痛みで歯が磨けずもう一方にも罹ってしまうということも起きますから常に口内をケアしておきたいものです。