インプラントと定期診断

ホームへ戻る >  入れ歯でラジオが聞こえる?  > インプラントと定期診断

インプラント治療は限りなく天然の歯に近い状態に近づくことが出来る治療法ではありますが、完全に治療が完了するまでに半年から1年程度の時間が必要になります。これは顎に埋め込んだ人工歯根が安定するまでに必要な時間で、その期間内は定期的に手術を行った歯科医院に通院し、現状を確認してもらわなければなりません。


人工歯根が口内で安定し、歯の欠損部分に人工歯を被せて初めて治療が完了となります。即時荷重インプラント(人工歯根を埋め込んでから48時間以内に仮歯を被せる治療方法)の場合でも、改めて仮歯を正式な人工歯に入れ替えることが出来るようになるまでに半年程度時間が必要となります。

治療完了後も半年に1回程度など定期的に通院することが望ましく、これはインプラント部分のみに限らず、歯全体の健康状態を確認するためにも行った方がいいでしょう。歯科医師による定期的なチェックを行っておくことにより、口内全体の健康を維持することが出来る他、あらぬトラブルの予防にも繋がります。


特に、インプラント治療において重要なのは「アフターケア」であり、手術が完了してからどのように過ごすべきか、定期的な確認をどう言った流れで行うかをしっかりフォローしてくれる歯科医師を選ぶことが大事です。信頼できる歯科医師とは今後も長い付き合いとなっていくことから、術後の経過や口内全体の状態を随時確認できるよう、定期診断を受けるようにしておくことをお薦めします。