一戸建ての本契約

ホームへ戻る > 一戸建ての本契約

住宅ローン減税とは
木造建築の耐久性と耐用年数
歯科医の情報収集
歯の矯正方法~コルチコトミー法
足場の種類

一戸建ての建設をお願いする会社が決まり、敷地や地質の調査もしてもらったら、いよいよ本番の家作りに入ります。最初はこちらが理想とする一戸建て住居のラフ設計を会社にお願いしますが、それが終われば本設計を依頼します。本設計ができあがったらそれに対した本見積もりを出してもらう、という流れになります。この一連のやり取りでは、何度も何度も打ち合わせや相談が発生します。こちらが理想とする一戸建て住居を実現してもらうためにも、納得のいく設計、納得のいくデザイン、納得のいくシステムを採用してもらい、その全てにおいて納得できたら最終的に本契約となります。一生に一度のマイホームですから、こちら側も妥協せずに臨むべきです。

本契約をする前の、ラフ設計から本設計までにおける打ち合わせは納得がいくまで何度も行う必要があると言えます。こちら側の提案、それに対する設計士側の提案、こちら側の注文、それに対する設計士側の注文、といったやり取りを何度も重ねた上で最終的な本設計が完成します。本設計が完成すれば、それにそった工事費用が出されますがこれを「本見積もり」と言います。もしこの金額で納得いかなければ再度詳しい打ち合わせを行うことになります。


設計、見積もり金額が正式に決まったらここで本契約を結びます。ここまできたら工事着工は間近です。本契約に必要となる主な書類は工事請負契約書、工事請負契約約款、設計図書、工事費用内訳書、仕様書、仕上げ表などがあります。