足場の種類

ホームへ戻る >  一戸建ての本契約  > 足場の種類

足場の種類を構造別に分類すると3種類に分類されます。まず、建築する駆体の外壁面に沿って2列設置し、その後、枠組足場・単管本足場・丸太足場を使う本足場タイプです。


また建築する駆体の外壁面にそって1列の足場を設置し、たな足場やブラケット1側足場(単管)、 緊結部付ブラケット1側足場、丸太足場などを使う1側足場です。


足場は手の届かない範囲で作業を行う場合に必要が求められます。はしごなどの簡単なものも足場と呼びますが、大規模な架設足場まであり、作業によって様々です。


この足場は通常工事を請け負った会社の職人が自ら行う場合と足場の専門の業者に発注して行う場合とがあります。


やはり足場に要求されることは何よりも「安全」であることです。その次に作業のやりやすさも大切です。足場がより良い出来であれば、作業の品質もアップします。


よって短時間で組み立てられ、作業性のしやすい安全な足場を設置することがポイントです。

また近隣住民への配慮も忘れてはいけません。特に近隣の方々に近い住宅の足場の場合、様々な住宅形状に応じた技術・ノウハウを持っている事が大切で、狭いスペースへの足場組立てにも、リフォーム施工時の足場組立にも重要と言えるでしょう。


またマンションリフォームの場合、外壁塗装のための足場が組まれますと、防犯に敏感な方々がいます。つまり組み立てられた足場によって誰でも簡単にベランダに入り込むことができ、ネットが掛けられているので外からも見えず、不安に思う方々もいる事を忘れてはいけません。