郊外に一戸建てを建てる

ホームへ戻る > 郊外に一戸建てを建てる

地元の工務店
デザイナーズ住宅の探し方
企業イメージとは
中庭のある家を注文住宅で実現
インプラントの種類と費用

一戸建てを建てる場合、都心部に建てるか、郊外に建てるかの選択があります。生活の利便性については都心部に軍配がありますが、郊外には郊外の魅力があります。


郊外に建てる魅力の第一番目となるのは、土地価格の安さでしょう。都心部に比べてずっと価格が安くなるため、同じ予算内でより広い土地、高いグレードの家を建てることができます。


それから環境。緑に囲まれた環境、あるいは近所同士、地域内の交流が活発に行われている環境、さらには治安状況など。都心部が抱えている問題を感じることなく生活できる点も大きなメリットとして挙げられるでしょう。学校や図書館、公園といった公共施設が充実している地域も多数あります。

利便性に関するデメリットも都心部に程近い場所なら、車でそれほど時間と手間をかけることなく訪れることが可能です。とくに東京の多摩などは一戸建てを建てる候補地として人気を集めています。


再開発によって、郊外で建売住宅を取り扱う不動産業者が増えています。かつて集団住宅地があった地域を再開発するケースも多く、購入する人全員がまったく新しい環境で新生活をはじめられる場合も少なくありません。近隣の住民が全員他の地域から移り住んできた環境なら、近所づきあいもよりスムーズに行くこくとが期待できます。


このように、都心回帰の動きとは対照的に郊外のメリットも広く注目されるようになっています。一戸建ての購入を検討している人は、これらのメリットにも目を向けてみてはいがでしょうか。