企業イメージとは

ホームへ戻る >  郊外に一戸建てを建てる  > 企業イメージとは

企業イメージとは、その会社が社会からどのように見られているかを指します。このときに社会と位置づけられるものは、なにも消費者目線だけではないのです。そこには、国内市場と海外市場といった大きく分けて2つの視線があると言えます。また、従業員、株主といったその会社に関わりのある人で形成する社会といったものも忘れてはいけません。ほかにも、仕入れ先や金融機関からの評価というものもあるでしょう。


これら全てから良い企業イメージを持ってもらえるようにするというのは、それぞれに良好な関係を作らなければいけないことを意味します。そこでは、企業の持っている行動力や組織力、そして戦略といった経営に関することだけでなく、外観や貢献活動なども評価される項目として考えることができるのです。たとえば経営戦略は、市場に対して長期的なビジョンを有しているか、それが資金調達や労使関係などに活かされているかなどがポイントになってくるでしょう。

また、企業イメージとしての外観を整えることも、一般の消費者にアピールするには重要になってきます。それはロゴマークなどのように人目に付きやすいものに大きな影響力があると言えます。消費者がその企業をイメージするときに、商品とともにすぐに思い浮かぶようなものがいいでしょう。そして、社会貢献活動などを通じて、イメージアップをはかることも大切になります。そういったことも含めて、宣伝活動でもあると考えることができるからです。