インプラントの種類と費用

ホームへ戻る >  郊外に一戸建てを建てる  > インプラントの種類と費用

インプラントと一言で言っても、材料や形状には種類があります。その組み合わせによって、費用にも差が出ます。患者さんの骨の状態等、様々な観点から、患者さんに一番合った材料や形状を決めます。


インプラントにはチタンが使用されています。純チタン、チタン合金、チタン・ニッケル合金、と3種類存在します。純チタンが一番骨との結合に優れています。チタン合金は、純チタンの次に結合に優れています。チタン・ニッケル合金は、結合に関しては他と比較すると劣ります。しかし、患者さんに合わせた形状を作ることが可能です。


インプラント体の形状も3種類あります。スクリュータイプ・シリンダータイプ・バスケットタイプです。スクリュータイプとシリンダータイプが使用されることが多いです。スクリュータイプは、治療後の噛む力の安定性に優れています。手術の際の傷口が小さくて済むというのも特徴です。シリンダータイプは、他と比較すると手術が簡単ですが、骨と結合するのに時間がかかります。その為、2回法という治療方法によく使われます。バスケットタイプは、骨との結合力が優れていますが、インプラント体自体が他と比較すると脆いという弱点があります。

支台となるアバットメントも費用に関係してきます。アバットメントは、インプラントのタイプによって費用が加算される物もあります。


人工の歯も、素材がたくさんあります。ジルコニアセラミッククラウン、オールセラミッククラウン、ハイブリッドセラミッククラウン、メタルボンド、ゴールドクラウンです。金属を使用しているのは、メタルボンドとゴールドクラウンです。それ以外は、金属は使用されていません。


これらを組み合わせることによって、費用が決まります。