大人の歯の矯正治療

ホームへ戻る > 大人の歯の矯正治療

顎関節症と整体
注文住宅の基礎知識 家の構造
注文住宅の基礎知識 在来工法
賃貸探しの準備
軟水と硬水の違い

歯の矯正というと、子どものうちから始めなければ効果がないと考えている人はかなり多いようです。しかし、大人になっても歯並びは十分に治すことができますので、かみ合わせなどで悩んでいる人はあきらめてしまわずに、ぜひ専門医に相談してみることをおすすめします。


大人が矯正をする場合には、抜歯が必要になることなどもありますし、時間もかなりかかるものです。しかし、根気強く治療に臨めばそれだけの効果が得られることも確かです。費用も決して安いものではありませんが、終わった後は必ず「やってよかった」と満足するのではないかと思います。

矯正治療を始めるにあたっては、まずプラーク除去・クリーニングなどを行って準備することになります。虫歯がある場合には、まずその治療を済ませておくことも大切です。そして、ブラッシングの指導を受けることになります。矯正にはブラケットやワイヤーなどの装置を口腔内に装着することになり、治療中は虫歯にかかりやすくなりますので、正しい磨き方をよく習慣づけておく必要があります。ブラッシングに関しては衛生士や助手などが丁寧に教えてくれますので安心です。さらに、レントゲンを撮ったり、型を取ったりなどといったさまざまな準備が行われます。矯正にはいろいろな方法があり、使用する装置の材料やコストもさまざまで、それぞれにメリット・デメリットがありますから、医師とよく相談して治療方針を決めていくことをおすすめします。