歯周病の原因

ホームへ戻る >  各地の天然水 2  > 歯周病の原因

歯周病はどうして起こるのでしょうか。基本的には虫歯と同様、歯垢の蓄積が直接の原因となります。ただ、虫歯にはない注意点もあるだけに原因について詳しく知っておく必要があります。


歯垢は細菌の塊です。食べかすなどをエサに繁殖した細菌が塊となったものなのです。こんなものが歯に付着していれば当然健康に良いわけがありません。毎日の歯磨きでしっかりと除去する必要があります。


ただ、虫歯は歯の表面に付着した歯垢を除去すればよいのですが、歯周病の場合は歯磨きが難しくなるという特徴があります。「歯周ポケット」と呼ばれるものができていくからです。


これは歯と歯茎の間に生じる隙間のこと。細菌に侵されず健康な状態の場合、この歯周ポケットはごく小さく、0.5~2mm程度。この程度ならとくに問題はないのですが、歯周病が進行していくとこの隙間が広がっていき、重度な段階になると6mm以上にまで達することがあるのです。ここに食べかすが入り込み、歯垢になってしまうと歯ブラシが届きにくくなるため、衛生状態の維持が難しくなります。

こうした歯周ポケットの汚れは歯科医院でのクリーニングでの除去が必要になります。いちど広がってしまった歯周ポケットは治すのが難しいため、広がる前にプラークコントロールをしっかり行うことが求められるのです。その意味でも歯科医院での定期的な健診が重要になります。


歯周病によって歯周ポケットが広がり、それがますます歯周病を進行させてしまう。そんな悪循環に陥らないためにも、数ヶ月に1回の歯科での定期健診とクリーニングはできるだけ受けたほうがよいでしょう。